• nekonobyouin

ミルクの子猫

更新日:11月16日

生後2,3週の子猫を育てるのが一番大変です。母猫の母乳で育ってきているため、哺乳瓶で飲まそうとしてもなかなか飲んでくれません。スポイトや注射器で飲ませると誤嚥の原因になります。生後直後であれば、母乳の味を知らないので、すぐに哺乳瓶で飲みます。生後1カ月経っていれば、離乳食から始めます。そのため、生後2~3週の子猫が一番難しいのです。保温も大切です。子猫はお母さんにくっついているので暖かいのですが、母猫がいなければ、湯たんぽを用意します。子猫は寒ければくっつき、暑ければ離れます。ミルクは1日5,6回与え、そのたびにお尻をマッサージして排泄を促します。


最新記事

すべて表示

10月8日、朝から倦怠感はあったのですが、午後になり発熱もあり、発熱外来に行ったところ、抗原検査でコロナと診断されました。10月15日までの一週間、療養に専念することになりました。その間、飼い主さんへの休診のお知らせ、他の動物病院への連絡など妻とスタッフががんばってくれました。また、妻は、元気になるようにと一日三食、毎回おいしい食事を差し入れてくれました。飼い主さん、スタッフ、他の動物病院など多く